土偶大陸

ゲーチス…なれたのね… 正気に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スナップキッズ攻略「ゲーム開始~リーフエリアクリア」

スナップキッズの攻略。お勧めワンダーとこなしておきたいサブイベント、ボスの攻略方法を含めたフローチャートを掲載しています。

ネタバレになってしまうので、続きからどうぞ。




リーフエリアのお勧めワンダー
ハイヤー
時折行う落下してから必死に羽ばたくスナップすると「みだれひっかき」という技を持ったカードになります。
このみだれひっかきは序盤のメイン火力。出来ればP6のものを狙っていきましょう。

タマアント
時折行う丸まってタイヤの様に転がる所をスナップで「アントホイール」という技を持ったカードに。
この技はS攻撃で、この時のタマアントはSが高くなるので序盤の先手取り&火力になります。

アックス
「オノをふる」ではなく、こちらに攻撃を仕掛けてくる時をスナップした「オノをなげる」が有効。
T+2の補正は伊達ではなく、これまた序盤のメインアタッカーに。

ホイッパー
こちらは余裕があれば。序盤から無理に狙う必要はありません。
普通に使うと使いものにならないので、サポート専用と割り切りましょう。
こいつは少々値がはりますが「ラジオ」を使って「えんそう」をスナップ。ランダムで使えない「かいおんぱ」になるので注意。
えんそうの効果は装備ワンダーの全能力+1というもの。初期デッキに入っているフタマポポの「おおきくなあれ」と同じです。
要するに「おおきくなあれ」と同等の効果を持つカードが序盤から複数枚欲しい場合のみ狙えばOK。

クリアしておきたいサブイベント
・イワノモリに「Lv5以上のタマアント」をあげる
 掲示板を見てからじゃないと発生しません。
 タマアントは最前列で「どくのきり」を使っているものならLv5になるはず。アントホイールのついでに狙うといいかも。
 報酬はオール攻撃「ラインダンス」を持ったキュプット。
・ヒロタカのかくれんぼ
 普通に進んでいたらまず気付かないサブイベント。
 南西の森のどこかにいるヒロタカを見つけ出せれば「ハニマール」のカードが貰えます。
 実はこのイベントは各エリアに行くごとに存在するのですが、一度でも逃すと以降のイベントも発生しません。
 ここでなんとしても見つけておきましょう。



フローチャート
ゲーム開始。父のゲンゾウにつれられてトビムカデをスナップ。
残念ながら手持ちカードは増えませんので、基礎を学ぶつもりで。

スナップクラブに入部し、ビックルをスナップ。
このビックルは手持ちカードになりますが、ビックル自体がそこまで強いワンダーではないため適当でOK。

続いてこのゲームのライバル、シンと勝負に。
VSシン
負けてもゲームは進みますが、今回は勝つ方法を。
とはいえ、運が絡みますので、何回かリセットするつもりで挑みましょう。
まずはこのゲームで重要な要素である、先手が取れるかどうか。
相手の最高はモグライトのS4。つまり、S4以上のカードが手札にあれば、確実に先手が取れます。
このモグライトの枚数も1枚なので、S3以上のワンダーが手札にくれば高確率で先手に。

しかし、先手が取れただけで勝てるとは限りません。
相手のワンダーはほとんど全てこちらのワンダーよりも強いです。
特に危険なのが、HP8の「メガートル」。
他にも入っているメガートルのHPが4や5なのに比べ、明らかにHPが高く厄介。
出されたら毒にするなりなんなりして、確実にHPを減らしていくべきでしょう。
また、初期デッキには地属性ワンダーが多いので、パーティアタックの「アースシェイク」を狙うのも有効。
しかし、余程の事がない限りは、地力で大きく勝るシンに殴り勝つのはほぼ不可能。
よって、相手のライフが自分より下の状態でにこちらのワンダーを絶対倒せない状況を作り、20ターン待って判定勝ちするのが妥当です。
幸いこちらのデッキには「かたくなる(防御+1するサポート)」のゴンタゴン
「おおきくなあれ(アタッカーのレベルとHP以外のステータスを1上げるサポート)」のフタマポポなどがいますので、相手が低火力気味なワンダーを並べたらすかさず装備して身を守るなどが可能。
相手の場のワンダーのステータスを見ながら、手出し不可能な状況を作り上げていきましょう。

勝っても負けてもイベントは進みます。
大会に登録するためリーフエリアのスナップステーションへ。
しかし登録の前に「アックス」をスナップすることに。

アックスのいる場所に行くための橋に向かうと、そこには「スケスケブラザーズ」と名乗る邪魔者が。
こういう時はカードバトルでケリをつけるのがこの手のゲームのお約束。
VSヨウスケ
毒中心のデッキを使う相手。
毒はうざったいですがこちらが倒れるのにも時間がかかるため、速攻で畳み掛けましょう。
厄介なのはHPが高めで毒攻撃を持つ「ドラドリル」。こいつを倒すのに手間取ると、毒を喰らうワンダーが増えていきます。
「どくがきかない」のオート技を持つワンダーでも、フィールドカードの「じゃくたいか」でオート技を打ち消されることも。
最も厄介なフィールド魔法「もうどく」は、出たらすぐに別のフィールドカードで打ち消すのがお勧め。
元々投入されている「しんりょくのち」でも何でもいいので、とにかくすぐに塗り変えましょう。
既にある程度スナップが自由にできるので、事前に「タマアント」「ハイヤー」などを入れておくと勝率が増します。

スケブラに勝利し、イベント後にアックス出現エリアに行けるように。
アックス自体はいくらでも撮れるし、また戻ってくることになるので適当に1枚撮って帰りましょう。

戻ってきたはいいものの、次は「オノをふる」を使うアックスをスナップしに行く事に。

仲間と一緒に土で通れなかった場所に行くと、イベントが起きて土がなくなります。
その先にあるリンゴの木からリンゴを取ってアックスへと投げて「オノをふる」をスナップ。
オノがブレていないと駄目なので、何度か挑戦するつもりで。
ちなみに「オノをふる」アックスのカードは中盤また必要になるので捨てたり売ったりせず、とっておくといいです。

見せに行った後、赤い屋根の家に行きエリアキーパーのマッキィとバトル。
VSマッキィ
スタンダードに殴ってくるデッキ。
危険なのはS7+1の攻撃力を誇る「だいかいてん」のアックスと、S6の攻撃力を持つ「スパイク」
それぞれデッキに1枚のみですが、初手に出されるとそのS値のせいで先手を取られるため一気に不利になってしまいます。
その上攻撃力も高いので、こちらのワンダーはほとんど一撃で倒されると考えていいでしょう。
特に「だいかいてん」のアックスは出されたら最優先で叩き潰すべき危険なワンダーなので、出たら総攻撃を。
殴り合いになりがちですが、前述したお勧めワンダーを使っていれば総合的な火力はこちらが上の筈。
相手の技ステータスに気をつけて、出来るだけダメージを受けないように戦っていれば普通に勝てます。
相手の技を確認して自分の行動を決めるのは、今後のバトルでも大事になりますので、是非今のうちに慣れておきましょう。

マッキィを倒せばリーフエリアはクリア。オーシャンエリアへ向かうことになります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doguutairiku.blog115.fc2.com/tb.php/4-fc488fe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。