土偶大陸

ゲーチス…なれたのね… 正気に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーチス考察

BWにて、敵組織であるプラズマ団のボスとして華々しいデビューを飾ったゲーチス。
今回は割と気になる人も多いであろう彼の変貌に関して、僕なりの解釈を交えた考察でもしてみようかなと。
あくまで憶測の域を出ないとは思いますが。
ちなみに基本僕はゲーチスの事をBGMなどでネタキャラとして見てるんですけど、今回は糞真面目な考察です。

色々とネタバレになるので一応ワンクッションおきますね。

2012年8月6日 ファンミーティングで判明した内容を追記















追記分は一番下にあります。

ゲーチスの基本情報。
身長は2m。
正しい発音は「ゲーティス」「ゲーツィス」(2012年8月6日時点)
Nの父親だがNとの血の繋がりはない。
Nに異常な教育を施し「人の心を持たない化け物」に育て上げる。
プラズマ団のボス。
狙いは世界征服。ポケモンの解放も「人間がポケモンを手放した世界で自分だけポケモンを持つ」という考えの元行っている。
主人公の活躍で一度は野望が潰えるも、再び武力行使による完全支配を目論む。

全編通して外道、及び戦闘BGMが凄く面白いという特徴を持つキャラクター。
彼の野望はNを見つけた時から本格的に始動しており、歴代で計画の立案から実行までの期間が最も長いボスキャラだと思われます。

ここら辺は設定に詳しい人なら僕と同じかそれ以上に詳しいでしょうしこんなもんで。


さて、それでは本題の「BW(以後1)~BW2(以後2)までの2年間でのゲーチスの変貌について」の話です。
単純に2年前のゲーチスと比べるだけでも
・モノクルを含めた服装の変化
・ステッキの所持
・性格の変化
などが見てとれますが、やはり一番の変化は「右半身の違和感」でしょう。

これにより「ゲーチスは半身不随なのでは?」という説が出てますね。
今回はこれを検証してみようと思います。

尚、右半身不随だとステッキがあろうが歩く事すらままならないと思うので、ゲーチスの場合は正確に言うと「不全麻痺の可能性がある」だと考えられます。

【参考】
片麻痺(へんまひ、かたまひ、hemiplegia)とは、一側性にみられる上下肢の運動麻痺。いわゆる半身不随の状態といえる。
不完全な麻痺(障害が部分的であるか、筋力低下にとどまる)を不全麻痺(ふぜんまひ、paresis)と呼ぶ。原因となる障害部位は脳の大脳皮質及び内包や脳幹部から脊髄まで多岐にわたる。原因疾患も脳内出血、脳腫瘍、脊髄腫瘍など様々な原因がある。なお、クモ膜下出血では片麻痺のような局所的障害よりも全般性の障害がでることの方が多い。(Wikipediaより拝借)

というわけで、これ以降は「半身不随」ではなく「不全麻痺」と表記します。

まず第一に「ゲーチスは1ラスト~2までに不全麻痺になった」というわけではなさそうだという事について。

ゲーチス比較

この画像はゲーチスの1と2それぞれのカットインの比較画像です。
2のゲーチスはかなりはっきりと口元が歪んでいますが、見直してみると1のゲーチスも同じくらい歪んでいます。
つまり、症状自体は1の時点から出ていたと考えるのが妥当でしょう。

余談ですが、2のゲーチスの髪の毛の量が1より少ないように見えます。
大半が襟で隠れているんだとは思いますけど、生え際はちょっと後退してM字気味になってるような。
一度野望を潰されたストレスでちょっとハゲてしまったんでしょうか……

ただし1の時点、正確には1のOPムービーの時点では、王冠を両手で持ってNに被せるゲーチスの姿があります。
この時、右腕だけ全体的に黒っぽく見えますが、王冠を右手で大きく持ち上げる場面もある事からこの時点ではそれなりに動かせたものと思われます。
ちなみに、このような症状が出ると腕が黒っぽくなる(血行が悪くなる?)のかは軽く調べてみたんですが分かりませんでした。
単純に光の当たり方で黒っぽく見えているだけなのかもしれませんし。

この授与式は恐らくシナリオが始まる少し前のものだと思われます。
1で旅の始まりからゲーチスと対峙するまでにどれくらいの時間が経っているのかは分かりかねますが、この間に何かしらの事故にあった可能性もありそうですね。
勿論、時間が経って症状が悪化した可能性もあります。
ただ単に必要がなかったから右手を動かしていなかっただけという可能性もありますが。

ただ、もし手足にまで症状が行っていなかったとしても、顔に麻痺があるのはほぼ間違いないと思われます。
口元の歪み以外にモノクルで右目を隠しているのもその根拠の1つですね。
目の麻痺は場合によっては瞼が腫れたり垂れてきたりしてしまうそうなので、これを隠す為のモノクルなのだと考える事が出来ます。

続いて2のゲーチスについて。まず外見上の変化から書いてみましょう。
2のゲーチスの最大の特徴はその手に持っているステッキ。
これはキュレムを操るのに必要なものであるのと同時に、杖本来の役割である歩行補助も果たしていると考えられます。
不全麻痺なのだとしたら、この2年間で右半身の不全麻痺が悪化して補助なしで歩くのが困難になってしまった、といった所かな。
逆に手足に特に問題がないのだとしたら、衰弱により筋力が低下したと見るべきでしょうか。
これは内面の変化に関係するので後述します。

というわけで、内面の変化について。
見る限り、ゲーチスは最初の野望を潰された事で精神的に大きなショックを受けているようです。
これは衰弱の理由としては十分でしょう。何十年とかけ、他の地方の組織の失敗まで参考にして練り上げた壮大な作戦が子供1人に潰されたんですから。
それでもサカキ等に比べると少々メンタルが弱いように感じますが、元々完璧主義者でプライドが高い性格をしているようなので、それが崩された時のダメージも常人の比ではなかった筈です。

実際2で初めて会った時には、演説をしたがったり、他人を見下した態度を取る等、一見するとあまり変わらないように見えます。
しかし、1の時点であった落ち着いた雰囲気は消え失せ、大分感情的になっています。
また、彼と戦うのは切り札であるキュレムが倒され、再び野望が遠のいた直後。
この時のゲーチスは杖を地面に思い切り突き刺すような荒々しさを見せており、1の時とはまるで別人。
これはBGMにも出ていて、前回がスローテンポでゆっくりと迫ってくるような重い曲だったのに対し、今回はテンポが早く疾走感を重視しており、最初のドラム部分もリズムが狂っています。
恐らくは、この時点で既にダークトリニティが言うように「正気ではない」状態の一歩手前だったんでしょう。
そこで追い打ちとばかりに主人公に敗北して目論見が再び崩れ去った事で、同時に彼の正気も失われてしまったものと思われます。

最後に、その末路について。
ダークトリニティによれば、ゲーチスはもう何もしないし、何も出来ない状態になってしまったとの事。
これには複数の可能性が考えられます。
1:精神が崩壊して廃人(対戦する人ではなく本来の意味で)になってしまった。
2:完全におかしくなってしまい、狂人となってしまった。
3:鬱病ないしそれに準ずるものを発症し、無気力となってしまった。
4:1と2の主人公への恨みを呟くのみの廃人寸前の状態になってしまった。
他にも解釈はあるかもしれませんが、僕はこの4つの内のどれかではないかと考えています。

ダークトリニティが「主人公を倒せばゲーチス様を救える」という旨の発言をしている事から、可能性として高いのは3つ目か4つ目でしょう。
精神が崩壊してしまったり狂ってしまっていては、主人公が倒れたとしても元に戻るとは考えられませんからね。
尤も、ダークトリニティがそう思い込みたいだけという可能性も否定できませんが……

今までやって来た事を考えると自業自得なんですが、哀れな末路ですね。
ここまで酷い状態になった悪の組織のボスはこいつが初です。合掌。
どんな状態になっても盲信してくれるダークトリニティがいるのが唯一の救いでしょうか……


今書けるのはこれくらいかなあ。もしかしたら追記するかもしれません。
公式のインタビューなどで開発者からの回答が得られればいいんですけども。


追記(2012年8月6日)
8月5日に行われたファンミーティングで判明した情報。
ファンミーティングについての記事はこちら(電撃オンライン)
また有志の情報により確定したらしいのが
正しい発音は「ゲーツィス」だが、言いづらいのでゲーチスになった。
フルネームは「ゲーツィス・ハルモニア・グロピウス」
Nの父親である可能性は完全には否定されていない。
右目のモノクルの下は眼を縁取るような形の傷(目は潰れてない)、右腕は負傷しており、見た事がある者はいない。
恐ろしいイメージでデザインされた。
という情報。

折角正式名が判明したのでここから先は正式名のゲーツィスで表記します。

どうやら右腕を動かさないのは「負傷しているから」だそうです。
いつ負傷したのかは不明ですが、BWのOPの時点では両手で冠を持っているので、負傷して動かなくなったとすれば少なくともこの後でしょう。
実は右腕ごと失っている、という可能性もありそうですが、詳しい事は不明なので何を言っても憶測の域を出ません。

そして今回の話で未だ不明なのが口元の歪み。
モノクルは目の傷を隠す為だと思われる為関係はありませんが、健常ならあり得ないレベルの歪みはやはり何かあると見たほうがいいでしょう。
右腕が動かない原因が負傷である事が判明した今、仮にゲーツィスが片麻痺であったとしても、範囲は顔の右半分のみだと考えるのが妥当か。
というわけで、この考察ではゲーツィスの状態を
「顔面の右側だけ麻痺、右目を縁取るように傷(視力に問題はない)右腕は負傷、その他は異常なし」
と結論づけます。


ついでにこれまでの考察を元にゲーツィスの行動の表を考えてみました。
Nの年齢がBW開始時点で20歳、つまりBW2時点で22歳である事を踏まえたものです。

ゲーツィスの簡易年表

以下、時系列が不明瞭な為前後が違う可能性あり

不明:ゲーツィス誕生

不明:目に傷がつく

不明:ダークトリニティを助ける(モノクル装着前である事が確定)

不明:顔面の麻痺発生(先天的な麻痺か後天的か麻痺かは不明)

不明:モノクルを装着

不明:プラズマ団結成

不明:N誕生、捨てられる(ゲーツィス自身の子供である場合は世話係の孤児含め育成を開始)

不明:Nを発見し回収、世話係の孤児含め育成を始める

~~~~~~~~~~~~~~~

以下は本編を元にしているので前後はなし

N回収時期を6歳程度と過程し、そこから14年後:Nに王冠を授与(OP)、作戦を本格的に実行に移す

作戦実行~失敗までの間:右腕を負傷

作戦実行から1年以内:BW1主人公により失敗、ダークトリニティに回収され次の計画を練る

2年後:キュレムを利用した作戦を実行。

不明:キュレム作戦がBW2主人公により失敗、正気ではなくなる


こんな感じですね。不明多すぎて何の参考にもならないような気がするけど……


しかし、こうなると負傷の原因も気になってきますね。
「いつ」「どこで」「何が原因で」負傷したのかが一切不明なので新たな情報が出るまで想像するしかないのが残念な所です。
個人的には、顔面の麻痺も同時期な気がしてます。なんらかの事故に遭ったのでしょう。ポケモン絡みかもしれませんし、そうじゃないのかもしれません。


いくつか分かった事はあれど、何だか決定的な部分はまだまだ隠されてしまっているような感じがしてモヤモヤします。
N含め、ここら辺の詳しい設定が公になる事はあるんでしょうか…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doguutairiku.blog115.fc2.com/tb.php/249-c21d4e4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。