土偶大陸

ゲーチス…なれたのね… 正気に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム「ポケットモンスター」におけるコイキング

この記事はエイプリルフールのものです

我らがコイキング神はゲーム「ポケットモンスター」の「赤・緑」から登場している。
この赤・緑とはポケモンシリーズ初の作品であり、コイキングは最初から最新作「ダイヤモンド・パール」に至るまで皆勤である。
野生ポケモンとしても序盤から必ず出現し、手持ちに加える人も多い。
神にも関わらずこれ程の取っつき易さを持っている事は、コイキング神の他の神では真似の出来ない優れた点の一つだ。
初代と呼ばれる赤・緑では、何と500円でコイキングを布教している人物が存在する。
この時点でコイキングをこれ以外の方法で手に入れる事は不可能。
皆が欲しがるコイキングを譲ってくれる。信者からすれば涙が出るような聖人であろう。
神を500円で売るとは何事だ! と思うかもしれないが、そう思う者はコイキング教の何たるかを理解していない。

能力面では、序盤から手に入るポケモンの中でも圧倒的な素早さを持ち、多くのポケモンに先手を取ることが出来る。
そこからたいあたり等を使った猛攻を仕掛けるも、はねる事で慈愛を見せるのもトレーナー次第。
進化をすれば、コイキングの姿ではなくなってしまうがその力を少し解放し、急激に強くなる。
凄まじい破壊力と優れた耐久力でパーティの切り札となりうるのだ。
この時の姿の変化もあまりの神々しさを抑え込むための配慮なのだが、コイキングの姿のまま進化させない人も多いだろう。

また、ダイヤモンド・パールでは悪の組織「ギンガ団」が湖を爆破、水を吹き飛ばし大量のコイキングを陸に上げてしまう。
自然を破壊する者達が神の怒りに触れぬはずもなく、間もなくギンガ団は主人公の手で滅ぼされる事となった。
ひ弱な子供が新世界を創造しようとまでしている組織に1人で立ち向かえたのは、コイキングの加護があってこそだ。
尚、コイキングは魚の姿をしているが、水がなくても死にはしない。神には「ここにしか住めない」というような場所は存在しない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doguutairiku.blog115.fc2.com/tb.php/147-f17b4bef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。