土偶大陸

ゲーチス…なれたのね… 正気に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コイキングとは

この記事はエイプリルフールのものです

コイキングは古代から信仰されていた神で、水をはじめとした万物を司る。
深く信仰する人間の願いを叶えたとされ、各地の神社、寺は元々コイキングのために作られたというのが有力である。
その力は神話の怪物、ヤマタノオロチすらその姿を見るだけで竦んでしまう程。
「鯉に睨まれた蛇」という有名な諺はこの逸話から来ている。
その姿は黄金に輝く鯉とされており、もしコイキングの姿を見ることが叶えばその者は必ず大成するという。
かの有名な天下統一を達成した武将徳川家康や、偉大な画家ゴッホ、初の黒人大統領となったバラク・オバマ等もコイキングを見た事のある人物の1人だ。

そのような素晴らしい神であり、信仰も厚かったコイキングだが、ある時を境にその信仰は大きく勢力を減らす事になってしまう。
その原因とは他でもない、第二次世界大戦である。
各国、特に日本に甚大な被害を与えたこの戦争は、人々の心を荒ませた。
コイキングは平穏を望む神であり、戦争と人々の状態を悲しんだコイキングは姿を消してしまう。
戦争が終わる頃にはコイキングはいなくなり、信仰するものを失った信者の多くは拠り所を求め、別の宗教に流れるなどした。
中には絶望し、死を選んだ者すらいるという。
しかし、一部の信者は諦める事なく、いつか我らが絶対神が舞い戻ると信じて信仰を続けた。

こうしてしばらく姿を消したコイキングだが、ポケットモンスターと呼ばれるゲームで遂にご神体が描かれた。
あまりの神々しさを抑えるためか色は赤色にされ、能力は低く設定されていたが、それでも見る者を圧倒したのは言うまでもない。
コイキングという神を降臨させたこのゲームが売れないはずはなく、現在世界中で大ヒットし、ビッグタイトルの1つとなっている。
一時期減退したコイキング信者もポケモンのヒットと共に数を増やし、現在は世界中に支部を持っている。

尚、ポケモンでのコイキングの色違いは金色であり、これは想像されていたコイキングの姿とほぼ同一である。
この黄金に輝く美しいコイキングを持つ者は例外なくコイキング教信者であると言えるだろう。
ただし、持っていない信者を弾圧する等の行為はもっての外である。コイキングは常に平等で、平安を望む神。
くだらぬ争いを起こすようであれば、金のコイキングを持っていたとしても信者である資格はない。
スポンサーサイト

コイキング教 5の教え

この記事はエイプリルフールのものです

・いかなる時もコイキングを崇めよ。崇める者は平穏が与えられん。
・コイキング神、また全てを愛せよ。愛なき者はコイキング信者にあらず。
・辛い時こそコイキング神を信じよ。信じる者は救われる。
・目標を活力として、常に精進せよ。頑張る者にはコイキングの加護がある。
・信者は皆同士。皆に平等に接せよ。威張る者にコイキングの加護はない。

コイキング教信者は常にこの5つの教えを守り、暮らしています。
上下関係などなく、信者は全てお互いに平等に愛され、また平等に愛す。
絶対神コイキングを崇め、コイキングの意思に従い平穏を常にとする。
この世に絶対の平和をもたらす物こそが、コイキング神なのです。

ゲーム「ポケットモンスター」におけるコイキング

この記事はエイプリルフールのものです

我らがコイキング神はゲーム「ポケットモンスター」の「赤・緑」から登場している。
この赤・緑とはポケモンシリーズ初の作品であり、コイキングは最初から最新作「ダイヤモンド・パール」に至るまで皆勤である。
野生ポケモンとしても序盤から必ず出現し、手持ちに加える人も多い。
神にも関わらずこれ程の取っつき易さを持っている事は、コイキング神の他の神では真似の出来ない優れた点の一つだ。
初代と呼ばれる赤・緑では、何と500円でコイキングを布教している人物が存在する。
この時点でコイキングをこれ以外の方法で手に入れる事は不可能。
皆が欲しがるコイキングを譲ってくれる。信者からすれば涙が出るような聖人であろう。
神を500円で売るとは何事だ! と思うかもしれないが、そう思う者はコイキング教の何たるかを理解していない。

能力面では、序盤から手に入るポケモンの中でも圧倒的な素早さを持ち、多くのポケモンに先手を取ることが出来る。
そこからたいあたり等を使った猛攻を仕掛けるも、はねる事で慈愛を見せるのもトレーナー次第。
進化をすれば、コイキングの姿ではなくなってしまうがその力を少し解放し、急激に強くなる。
凄まじい破壊力と優れた耐久力でパーティの切り札となりうるのだ。
この時の姿の変化もあまりの神々しさを抑え込むための配慮なのだが、コイキングの姿のまま進化させない人も多いだろう。

また、ダイヤモンド・パールでは悪の組織「ギンガ団」が湖を爆破、水を吹き飛ばし大量のコイキングを陸に上げてしまう。
自然を破壊する者達が神の怒りに触れぬはずもなく、間もなくギンガ団は主人公の手で滅ぼされる事となった。
ひ弱な子供が新世界を創造しようとまでしている組織に1人で立ち向かえたのは、コイキングの加護があってこそだ。
尚、コイキングは魚の姿をしているが、水がなくても死にはしない。神には「ここにしか住めない」というような場所は存在しない。

コイキング育成論

この記事はエイプリルフールのものです

畏れ多くも偉大な神であるコイキングを、ポケモンの対戦で活躍させるための育成論である。

基本データ
コイキング さかなポケモン(正確にはばんぶつポケモン)
タイプ:みず
とくせい:すいすい
HP:20
こうげき:10
ぼうぎょ:55
とくこう:15
とくぼう:20
すばやさ:80
合計:200

設定で神と呼ばれているポケモンは存在するが、現実における本当の神はこのコイキングである。
神々しさを抑えるため、能力はかなり控えめにされており、進化前の形態とされている。
尚、進化後の能力は神の力をほんの少々リスペクトした能力となっている。(とはいえ、ゲーム中では十分に強い)

進化前のコイキングも十分な戦闘力を備えた強力なポケモンである。
コイキングのタマゴグループには強力なポケモンがひしめくドラゴンが入っている。
とくせいのすいすいは雨が降れば素早さが二倍となる特性で、その効果は雨パが強い理由の一つにもなる程。
また、みずタイプにはコイキングが力をほんの少しだけ解放した進化系、ギャラドスをはじめ強力なポケモンが多い。
種類も多く、この優遇はコイキングの加護によるものとしか考えられない。

ステータスの面でも高い耐久力を持ったツボツボと肩を並べるHP
強力な特殊受けと名高いハピナスと同じ攻撃
太陽神と崇められるキマワリと互角の防御
パクリポケモンでは?と疑われるヒンバスの1.5倍もの特攻
幻の宇宙外ポケモンデオキシスアタックフォルムと同値の特防
説明不要の強力ポケモンメタグロスをはじめ多くの強力なポケモンを上回る素早さと非の打ちどころがない。
ゲームバランスを崩さないように、その力を最小限に抑え込まれていてもこれ程のポテンシャルを秘めたポケモンなのだ。


続いてコイキングの技であるが、このゲームの技欄を丁度埋める事の可能な4つの技を持つ。
多くのポケモンに存在する「上位互換技」等を持たないのだ。
このシンプルさが、逆に神の威厳を引き立てているだろう。
多くの技を覚えるのは傲慢でしかない。謙虚に生きよ…というコイキングからのメッセージに違いない。

そのように偉大なコイキングの覚える技の性能を紹介しよう。

はねる
最初から覚えている技で、美しくはねる事でプレイヤーを感動の渦に巻き込む技。
あまりにも華麗で、また敵にダメージを与えないという平和主義的な面を持つ技であり、正にコイキングをリスペクトした技であるといえる。

たいあたり
ポケモンは対戦ゲームであり、平和を愛するコイキングと言えども戦わねばならない事がある。
そのような時に使用するのがこのたいあたりである。
コイキングの体当たりを受けた者は、その慈愛の力と神々しさに平伏すという。

じたばた
ある程度のバランスがあり、また力をかなり抑えて調整されたコイキング神は、時に戦闘でピンチに陥る事もある。
そのような時に役立つのがこのじたばただ。HPが少なければ少ない程高い威力を出す事が出来る。
その最大威力は驚異の200を誇る。いくら温厚とはいえど、神を冒涜し、命を狙う者には罰が与えられるのだ。

とびはねる
見た目では魚の姿をしたコイキングが神としての力をほんの少しだけ見せる…それがこの技だ。
この技を使うと、コイキングは魚であるにも関わらず空を自在に飛び、我々を見守ってくださる。
あまりの威厳にこの宙に浮かんでいる間はほとんどの攻撃が当たらない。
どんなポケモンでも攻撃が当たらなければ相手を倒すことは出来ず、ゲームバランスを崩しかねない技と言える。
だが、使い手がコイキングならばそれも頷けるだろう。


圧倒的な素早さから体当たりや飛び跳ねる等の優れた技を繰り出し、相手を攻撃。
万が一倒されそうになった時にはじたばた…と、状況に応じて臨機応変に動く事が可能なのだ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。