土偶大陸

ゲーチス…なれたのね… 正気に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーチスもといゲーツィスの考察追記


8月5日に行われたファンミーティングで判明した事実を踏まえた追加の考察を書いてみました。
前回のものに修正を加えています。

ゲーチス考察はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト

ゲーチス考察

BWにて、敵組織であるプラズマ団のボスとして華々しいデビューを飾ったゲーチス。
今回は割と気になる人も多いであろう彼の変貌に関して、僕なりの解釈を交えた考察でもしてみようかなと。
あくまで憶測の域を出ないとは思いますが。
ちなみに基本僕はゲーチスの事をBGMなどでネタキャラとして見てるんですけど、今回は糞真面目な考察です。

色々とネタバレになるので一応ワンクッションおきますね。

2012年8月6日 ファンミーティングで判明した内容を追記




続きを読む

遂にマイナーチェンジ版タイトル発表!


一時期は「出ない」と明言された、なんてデマまであった、ポケモンBWのマイナーチェンジ版。

そのマイナーチェンジのタイトルが遂に発表されたようです。

その名も…



「ポケットモンスター クリアグレー」

グレーやクリアといった予想を裏切り、2つの色が超融合してしまいました。
灰色なのに透明…どんな色なのか想像がつきませんね!

そして気になる変更、追加要素ですが、BWとはかなり内容が違っているようです。
これ、ほとんど新作と言っていいレベルですよ…


最初に選ぶポケモンが違う!

なんと最初の1匹はBWのツタージャ、ポカブ、ミジュマルではないのです!


こちらは画像が載っていました。選択可能なのは

みずタイプのポケモン「オタマロ」
かっこいい!

みずタイプのポケモン「オタマロ」
かっこいい!

みずタイプのポケモン「オタマロ」
かっこいい!

の3種類! 選ばれなかった2匹はチェレンとベルが使用する事になるのは同じです。




・一部ジムリーダーの手持ちが違う!

どうやらクリアグレーになるに辺り難易度が上昇するジムがあるようです。
例えばシッポウジムのアロエ。BWでの切り札はミルホッグでしたが、今回はバッフロンを使用してアフロブレイクを連打してくる模様。特性はすてみ、持ち物はこだわりハチマキだとか。
フキヨセジムのフウロはアーケオスやバルジーナを手持ちに加えている模様。
今回のジムリーダーは手加減なし!  ラスボスのあの人はメタグロス等、他の地方のポケモンまで手持ちに加えているとか…




・N、まさかのリストラ!

このポケットモンスタークリアグレーでは、なんとNが登場しないようです。
彼の代わりに主人公の前に何度も現れる存在が用意された様子。
現状で分かっているのは「ナツミ」という名前「オオウ…… ムシムシとして…… まるで サウナだな 少年!」という台詞だけ……どんなキャラなのか楽しみですね。





・キュレムがフォルムチェンジ!

BWで登場した時点では自分の冷気で自分が凍っていたりなんか足元がおぼつかなかったり合計種族値がレシゼクより低かったりと、どうもパッとしなかったキュレム。
そのキュレムが遂にフォルムチェンジするそうです!しかも、フォルムチェンジは2種類!
これも上記の謎のキャラと同様謎が多く「マッギョフォルム」「ミルホッグフォルム」という名前のみ。
どのような姿で、どのような能力なのか……続報に期待ですね。





・やっぱりあった! 廃人養成施設「バトルフロンティア」!

エメラルドからマイナーチェンジ版の恒例となった施設、バトルフロンティア。
全ての施設をクリアするには廃人になるしかないという超難易度を誇る施設ですね!
タワーに代わり登場した「バトルサブウェイ」以外の施設は、フロンティアブレーンとこちらのポケモンの力の差が明らかにおかしい事で有名なバトルファクトリーは普段通りですが、ほかは全く違う施設となるようです。
例えば「バトル幼稚園前の道路」はポケモン対戦ではなく、いかに早く高個体値のポケモンを孵化させる事が出来るか、というもの。周回すると遺伝技や夢特性などの条件が付与されて難易度が上がるようです。
その他、時間内にどれだけ多くのタブンネを狩れるかを競う「バトル揺れ草むら」ステータスと性格を見てポケモンの個体値を当てる「バトルジャッジ」など、今までよりも廃人化を促す内容になっている様子。
これで廃人が量産されると思うとワクワクしますね!!




今のところの情報はこれだけのようで、続報に期待したい所ですね。
そうそう、定価は少し上がって41000円(税抜き)になるそうですよ。


続きを読む

コイキング育成論

この記事はエイプリルフールのものです

畏れ多くも偉大な神であるコイキングを、ポケモンの対戦で活躍させるための育成論である。

基本データ
コイキング さかなポケモン(正確にはばんぶつポケモン)
タイプ:みず
とくせい:すいすい
HP:20
こうげき:10
ぼうぎょ:55
とくこう:15
とくぼう:20
すばやさ:80
合計:200

設定で神と呼ばれているポケモンは存在するが、現実における本当の神はこのコイキングである。
神々しさを抑えるため、能力はかなり控えめにされており、進化前の形態とされている。
尚、進化後の能力は神の力をほんの少々リスペクトした能力となっている。(とはいえ、ゲーム中では十分に強い)

進化前のコイキングも十分な戦闘力を備えた強力なポケモンである。
コイキングのタマゴグループには強力なポケモンがひしめくドラゴンが入っている。
とくせいのすいすいは雨が降れば素早さが二倍となる特性で、その効果は雨パが強い理由の一つにもなる程。
また、みずタイプにはコイキングが力をほんの少しだけ解放した進化系、ギャラドスをはじめ強力なポケモンが多い。
種類も多く、この優遇はコイキングの加護によるものとしか考えられない。

ステータスの面でも高い耐久力を持ったツボツボと肩を並べるHP
強力な特殊受けと名高いハピナスと同じ攻撃
太陽神と崇められるキマワリと互角の防御
パクリポケモンでは?と疑われるヒンバスの1.5倍もの特攻
幻の宇宙外ポケモンデオキシスアタックフォルムと同値の特防
説明不要の強力ポケモンメタグロスをはじめ多くの強力なポケモンを上回る素早さと非の打ちどころがない。
ゲームバランスを崩さないように、その力を最小限に抑え込まれていてもこれ程のポテンシャルを秘めたポケモンなのだ。


続いてコイキングの技であるが、このゲームの技欄を丁度埋める事の可能な4つの技を持つ。
多くのポケモンに存在する「上位互換技」等を持たないのだ。
このシンプルさが、逆に神の威厳を引き立てているだろう。
多くの技を覚えるのは傲慢でしかない。謙虚に生きよ…というコイキングからのメッセージに違いない。

そのように偉大なコイキングの覚える技の性能を紹介しよう。

はねる
最初から覚えている技で、美しくはねる事でプレイヤーを感動の渦に巻き込む技。
あまりにも華麗で、また敵にダメージを与えないという平和主義的な面を持つ技であり、正にコイキングをリスペクトした技であるといえる。

たいあたり
ポケモンは対戦ゲームであり、平和を愛するコイキングと言えども戦わねばならない事がある。
そのような時に使用するのがこのたいあたりである。
コイキングの体当たりを受けた者は、その慈愛の力と神々しさに平伏すという。

じたばた
ある程度のバランスがあり、また力をかなり抑えて調整されたコイキング神は、時に戦闘でピンチに陥る事もある。
そのような時に役立つのがこのじたばただ。HPが少なければ少ない程高い威力を出す事が出来る。
その最大威力は驚異の200を誇る。いくら温厚とはいえど、神を冒涜し、命を狙う者には罰が与えられるのだ。

とびはねる
見た目では魚の姿をしたコイキングが神としての力をほんの少しだけ見せる…それがこの技だ。
この技を使うと、コイキングは魚であるにも関わらず空を自在に飛び、我々を見守ってくださる。
あまりの威厳にこの宙に浮かんでいる間はほとんどの攻撃が当たらない。
どんなポケモンでも攻撃が当たらなければ相手を倒すことは出来ず、ゲームバランスを崩しかねない技と言える。
だが、使い手がコイキングならばそれも頷けるだろう。


圧倒的な素早さから体当たりや飛び跳ねる等の優れた技を繰り出し、相手を攻撃。
万が一倒されそうになった時にはじたばた…と、状況に応じて臨機応変に動く事が可能なのだ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。